オスグッドについて 

2022年04月30日

こんにちは‼️
こころ六甲道整骨院の太田です‼️
本日はオスグッドについてお話しさせて頂きます‼️
オスグッドとは、オスグッドシュラッター病とも呼ばれ、脛骨粗面といわれるところに発症する骨端症の一つで発育期の代表的なスポーツ障害です‼️
10歳から15歳ぐらいの小・中学生に多く発症し男子に多く発症します。

女子は1~2歳早く発症します。

スポーツ活動性の高い、特にバスケットボール、バレーボール、サッカーなど、ジャンプが多いスポーツをしている人によく見られます。

学校の授業の体育以外はしていないスポーツをしてない人も発症する場合があります。

原因:男子では13歳、女子では11歳前後に発育急進期で大腿四頭筋の緊張を引き起こし、脛骨粗面部へのストレスとなり、痛みが出てきます‼️
進行すると、骨が前に出てきます‼️

治療:
まずは冷やして熱感を抑えます
熱感がマシになってきたら大腿四頭筋のストレッチも指導していきます。

最近オスグッドでお困りの患者様が増えてきました!
オスグッドでお困りの方、
ぜひ当整骨院までお越しください^^
しっかりと診させて頂きます。

オスグッドの悩みだけではなく、色々なスポーツ、日常生活でのお悩みも聞いています‼️
何かお困りでしたら、ぜひこころ六甲道整骨院まで‼️

柔道整復師 太田 浩幸監修

関連記事

関連記事はまだありません。